61

長良川おんぱくのデザイナーとつくる 小さな贈りもの

消しゴムはんこでメッセージサイダーをつくろう

Display

爽やかな後味が人気の岐阜のお土産『長良川サイダー』。金華山の麓、鏡岩水源地で汲み上げられる美味しい長良川の伏流水を使って製造されています。
この鏡岩水源地を舞台に『長良川サイダー』『長良川おんぱく』を手がけるデザイナーと、消しゴムはんこでラベルデザインをしてみませんか。青空のもと、芝生の上で自由にイメージを膨らませて、好きな絵を彫ってぺたぺた。たいせつな人に心をこめてメッセージを添えたら、小さな贈りもののできあがりです。

注意事項

※オリジナルラベルのサイダーを含め、計6本お持ち帰りいただけます。
※雨天の場合は集合場所が変更になります。変更になる場合は前日に連絡します。
下記実施スケジュールからお好きな日程にご予約下さい 体験レポートを読む

案内人

Display
Display
【ORGANデザイン室 山田真梨子】
名古屋芸術大学卒業。幼少期から絵を描くのが好きで、油絵、水彩画、立体から消しゴムはんこまで、得意分野は多数。『長良川おんぱく』や『長良川サイダー』などのデザインを手がけ、女子の心をくすぐる、あたたかみのあるやわらかいイラストやデザインが人気。
Display
【伊奈波商会 金森正親】
小さい頃から長良川の恵みを受けて育つ。おみやげものの包装資材を扱っていることもあり、長良川のおいしい水をつかったサイダーをつくることを思いつく。長良川への恩返しの意味もこめて売上の一部を源流の森再生へ寄付。

集合場所

Display
大きな地図で見る

鏡岩水源地

〒500-8001

岐阜県岐阜市鏡岩408-2

最寄りバス停「長良橋」

申し込み・問い合わせ先

Display 伊奈波商会 058-262-2250

実施スケジュール

Display

第1回

実施日時
2014/11/08(土) 13:00 〜 16:00
予約開始
2014/09/17 09:00
予約終了
2014/10/31 17:00
料金
2,000円
定員
8 / 12 人
空席通知登録
1人
最少催行
4人
備考
持ち物:カッター、筆記具(色鉛筆やペンなど)、彫りたいものがあればその図案、虫除け

これまでの開催レポート

写真部の体験レポート2014

岐阜の逸品となっている長良川サイダー。そのラベルを消しゴムはんこでデザインします。

ここは岐阜市の水道水を汲み上げている鏡岩水源地。
岐阜市の水道は、長良川の伏流水を使用しています。

長良川サイダーの水も、長良川の伏流水です。

案内人は、長良川サイダーの伊奈波商會とORGANデザイン室山田真梨子さん。

長良川サイダーの売上の一部は長良川源流の森再生に使われます。

山田真梨子さんは、長良川サイダーのラベルデザインなどを手がけている、グラフィックデザイナーです。

消しゴムはんこ。
まずは図案を考えます。
事前にいろいろ考えてきた方も結構いらっしゃいました。
今年流行ったアナと雪の女王やティンカーベルなどが人気のようです。

下絵を描きます。
サイズを決めて凹凸を考え、描きます。
彫ったところに色は着かず、残したところに色が着きますからね。

彫り残す所をフチ取りするように、下絵をトレーシングペーパーに写します。
ためらい線がないように、線は1本に絞りましょう。

下絵を消しゴムに転写。
トレーシングペーパーを裏返し、上からこすります。

いよいよ、写した絵を消しゴムに彫る作業。
図案から3~5ミリ外側を残して周囲をカットします。

下書きをフチ取るように彫ります。外側に斜めに切り込みを入れて削ります。
彫り過ぎに注意して。

皆さん集中して作業しています。

一息つくのは、長良川サイダー。
この日は長良川サイダー飲み放題!


彫って彫って、試し押しして、また彫る。
少しづつ完成度を上げていきます。

はんこが完成しました。

1つだけでは物足りず、2個3個と作られる方も。

サイダーの瓶に貼るラベルに思い思いの色で押していきます。
それを瓶に貼って。

オリジナル長良川サイダーの完成。


アルコールでも入っていそうな、おしゃれなラベルですね。
大人のサイダーでしょうか。


(記事ここまで/016 平山)

おまけ

みなさんの作品たちをご紹介します。

かわいい!

このままプレゼントできますね!

音楽が好きなかたにプレゼントされるのだそう。

ステキ

小学校2年生の女の子2人組。キラキラのティンカーベルですね。

(020 なおこ)

プログラム詳細:
消しゴムはんこでメッセージサイダーをつくろう

おすすめプログラム

Display