31

長良川鵜飼発祥の地、黒野に残る戦国400年前の城跡

黒野城の歴史ロマン探訪

Display
Display
Display
Display

岐阜大学がある黒野地域は、長良川鵜飼起源の地です。ここに、戦国動乱期に豊臣秀吉の武将・加藤貞泰がわずか15歳で築いた4万石の黒野城がありました。廃城になって400年経った今も当時の面影を残す黒野城跡は、掘と土塁が残る癒しの景色。今年の発掘調査で初めて石垣遺構が発見されました。城下町には古い門の屋敷や古風な土塀の佇まいも。お堀から出て来た観音さまも残っています。そんな趣き深い城下町を案内人と一緒に散策しませんか。

注意事項

※歩きやすい靴、服装でお越し下さい。
※雨天決行。
※料金には、資料代、お茶、しろの・くろのあんパン、レクリエーション障害保険を含みます。
下記実施スケジュールからお好きな日程にご予約下さい

案内人

Display
Display

【黒野城と加藤貞泰公研究会】
城や城主の調査・研究、史蹟案内板の設置、ふるさと検定こども版の発行、武将隊結成など多彩な市民活動を行っています。今年1月、岐阜市景観賞を受賞。当日は選抜会員がご案内します。

集合場所

Display

黒野城跡(岐阜市 黒野城跡公園)

〒501-1131

岐阜県岐阜市黒野

※バス停「黒野城跡前」より徒歩約5分。

※車の方は(株)KVK来客用駐車場(約10台)をご利用ください。(黒野城跡南側)


申し込み・問い合わせ先

Display

河口耕三 090-1786-6564

実施スケジュール

Display

第1回

実施日時
2014/10/19(日) 09:00 〜 12:30
予約開始
2014/09/17 09:00
予約終了
2014/10/18 10:00
料金
1,000円
定員
15 / 15 人
(満員)
最少催行
5人

おすすめプログラム

Display